ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近になって「Acoustic Soul」というジャンルがあることを知りました。
正確に”ジャンル”というのか分かりませんが、いわゆるR&BとかSoulとか、そういったものと同じ扱いで使う言葉だと思いますが、さてそれは一体どういうものなのか・・・?
私の思うに、簡単に言ってしまえば、「ギター1本の伴奏でソウルを歌う」みたいなもんでしょうかね。アコースティック+ソウルミュージック・・・ってそのまんまですけどね。笑
とにかく、私はこういう音楽も好きなんだということを発見した訳です。

そこで、今回はこのジャンルにふさわしいアルバム2枚をご紹介。

KUKU - Unexpected Pleasures
kuku.jpgLagos Nigeriaで育ったKUKUは現在DCを中心に活動中。その音楽はFolk, Jazz, Soulと、そしてAfrican Musicを織り交ぜた”癒し系”ミュージック。彼の持つ独特なすばらしい声は、もうそれだけで癒し。そこにスウィートメロディーが重なったとき、最大限に彼の魅力を発揮するのではないでしょうか。シンプルな伴奏の上にソウルフルな歌声がまたたまらない!1曲目のアルバムタイトルトラック"Unexpected Pleasures"は涙ものです。そして、沖縄民謡を思い起こさせるアフリカンミュージックをフィーチャーした3曲目の"Ife"は独特な雰囲気で思わず聴き入ってしまうかも。実は私、あんまりアフリカンミュージックって好きじゃないんですが、この人のは聴ける!
というわけで、残りのトラックもなかなかどうして、耳に残るすばらしい曲揃いなので、ぜひ聴いてみてほしいです!ちなみに個人的オススメトラックは"After and Then"と"I Love I Adore"です。

書き忘れていたので付け足します。KUKUはウェブデザイナーでもありまして、自分のオフィシャルサイトやマイスペースのデザインは自分でやってます。プラス、この前こちらで紹介した、SolEdlerとは仲の良いお友達で、彼のオフィシャルサイトもKUKUが手がけています。何とも多才・・・。

- Official site
- Myspace page
- CD Baby




HutchSimonProject - Out of the Shadow
hutchsimon.jpgこれはかなり来てます。アコースティックなのにソウル意外の何物でもない!すばらしいの一言!
これはヴォーカルのRichard "Hutch" HutchinsとギターのScott Simonのデュオ。スコットのギターテクニックもさることながら、ヴォーカルハッチのソウルフルな歌声は正しく鳥肌もの。それは1曲目の"Intro"ですぐに分かります。このアルバムはライブ盤なんですが、ライブの様子がガンガン伝わって、何かこうだまって聴いていられない、ついつい拍手したくなるような、そんなアルバムだと思います。これを聴いていると、「この人達のライブを体感したい!!」って思ってしまいますね。先に紹介したKUKU同様、シンプルな伴奏にソウルな歌声なので、とにかく歌のうまさが際立ちます。途中「ハッチ、すげえ!」って言いたくなるのは必須・・・。
個人的に大好きなのは2曲目の"Freedom Within"、3曲目"Black Widow Woman"、5曲目"I Got No Time"、9曲目"A Sac Full Of Dreams"、12曲目のヒップホプした"Surrender To Love"などかな。とにかく全部好きですけどね。

- Official site
- Myspace page
- CD Baby



というわけで、今回はシンプルでありながらソウル溢れるすばらしいアルバムをご紹介しました。
蛇足ですが、明日6/23はIndia. Arieのライブ行ってきます。プラス、初めてのAnthony Davidなので、楽しみぃ!!!

スポンサーサイト

5月6月とメジャーものの気になるCDが少ないので、インディーCDをたっぷり楽しんでおります。そんな中、最近私が良く聴いているものをご紹介。ただ、ちょっと古いかも・・・。

まずはアトランタでブイブイ言わせているゴスペルアーティストChristopher Lewisのアルバム3連発。

Honest Heart (2004)
Honest Heartゴスペルアルバムではあるものの、いわゆるクワイヤでワイワイ歌うゴスペルとは全く違って、スムースR&B感覚のしっとりまったりした「癒し系」アルバム。もしかしたら「まったりし過ぎてイヤ!」という人もいるかもしれないけれど、私はかなり好きですね。心温まります。何と言ってもクリスの声にまずやられてしまいましたから。耳に、心にとっても優しい歌声です。そんなアルバムの中には、アフリカン音楽だったり、ボサノバなどの要素を取り入れた曲調もあり、ソングライターとしての才能も発揮していると思います。癒されたい人にはオススメの1枚。


Christpher Lewis presents Rhythm & Praise (2003)
Christpher Lewis Presents Rhythm & Praiseこちらは思いっきりゴスペルアルバムです。クワイヤバリバリの束になってワー!というやつです。タイトルに「Christpher Lewis Presents」とあるように、彼が中心となって他のアーティストをフィーチャーしているものもあります。これまた激しくジーザス、ジーザスと歌っておりますよ。パワフルものからしっとりものまでいろいろ楽しめるアルバムだと思います。


Life (2002)
Life最後に紹介するのはクリスの最初のアルバムプロジェクトです。これは案外”黒い”R&B/ゴスペルアルバムという感じですね。ラップなんかも取り入れたり、クリスのダークサイドが現れた様な、一聴ではゴスペルアルバムとは思えない雰囲気すらあります。彼の3枚のアルバムではこれが一番私は好きですね。とにかく彼の才能の幅広さに敬服です。かなりハマっております。

=====
以上ここで紹介したアルバム以外に、新しい曲がmyspace pageで聴けるので、興味のある方は是非♪ ジャジーな曲のものもあってこれまたびっくり!
それともう1つ。「Plugged In」というDVDも発売していますが、これはなんとBETでもオンエアされたとか何とか。これまたびっくり仰天!
plugged.jpg

- Official Site
- myspace page




では続けて紹介するのはDivine Natureという3人グループ。
The Fullness of Joy
divinenature.jpg見た目からして、Smooth R&B系なのかな~と思いきや、実はHip Hop系やかなり“黒い”感じのR&Bだったりして驚きました。このアルバムの前半は割とヒップホップ系ではあるものの、後半はスムーズなR&Bで尚かつ美メロで感動させる曲調もあり。さらには、New Editionの「Can You Stand The Rain」のカバーもあったりでかなりイケてます。彼らなりのグルーヴ感とか、美しいコーラスなども聴き所なのではないかなと。

- myspace page




はい、もういっちょ。
今更~~と言う人もいるかもしれない。それでもイイ。紹介しましょう。Souliveです。
Breat Out
かなり良いですね、これ。Jazz, Funk, Soul・・・いろんなジャンルが混ざった音楽で、とにかくノリが良い!音楽としてカッコイイ!基本的にバンドグループですが、Chaka Khanをフィーチャーしたりその他いろんなヴォーカリストとコラボしている模様。ファンキー加減がサイコーですね。元気になれます。

- Official Site
- myspace page




では最後にソロR&BアーティストRob Muratをご紹介。
Rob Murat EP
robmurat.jpgEPなので、曲数は5曲プラス1と少ない上、CDパッケージが安っぽいのが気になりますが、内容としてはかなりハイクオリティー。まずは彼の声が好きですね。そして体が自然と反応するグルーヴ感。結構好きです。それとですね、個人的に彼のファッションセンスが好きなんです。プーマ好き・・・。笑
今後のフルアルバム発売が期待されます。

- Official Site
- Myspace page




※ それはそうと、Ryan Tobyは7/18に新譜リリースだそうで。(Myspace page)


今日は私が最近ハマりにハマっているインディーCDをご紹介。一度聴きだしたら4・5回ざらっとリピートしてしまうほどですからね。どれも相当ハイクオリティーでメジャー並みでございます。

SolEdler - Song of Solomon, Book 1
SolEdlerあのEric Robersonが「オレは10年以上パフォーマンスをしているが、こいつほどバックグラウンドヴォーカリストに自由に歌わせた人はいない。スゴい才能の持ち主だ」と言わしめたほど、ホントにすばらしい歌声を聴かせてくれるSol Edler。その声質の良さに加え、ヴォーカルスキルは天下一品。一度聴いたらヤミツキです。このアルバムの内容も、ソウルフルなR&B曲を中心に、ジャジーであったりファンクであったり、美メロバラードやアカペラなどとバラエティーに富んで飽きが来ません。マジ、オススメです。

- Official Site
- myspace page
- CD Baby


Norman Thomas - Scriptures: Chapters 1-7
normanthomas_small.jpgこれは相当きてます!超スーパー歌が上手い!!1曲目(実質2曲目"Excape")の初めのフェイクには目玉が飛び出すかと思ったほど。言葉悪いですが、「マジ、すげぇ」と自然とこぼれてしまいます。(笑) でも何度も聴いているうちにこれはデュエットしているMelonie Danielsの声だということに気づきました。笑
ま、とにかくNorman自体の歌唱力もかなり高いですからね、これまたリピート度が高いアルバムです。(アルバムというよりもEPになるんですかね。)ボートラ含めて全8曲とちょっと少ない気もしますが、納得、満足のいく内容となっています。とにかく"MUST HAVE"のアルバムと言えましょう。
- Official Site
- Myspace page
- CD Baby



Darnell Kendricks - Strawberry Lemonade
darnellkendricks_small.jpgはい、最後に紹介するのがデトロイトのアーティスト、Darnell Kendricksです。元々はベイエリア(サクラメント)の出身だそうで、現在はデトロイトに引っ越して活動しているとのこと。また近々ベイエリアに戻ってライブしたいと言ってますよ~。楽しみ!
で、アルバム。このタイトルが何ともコメントし難いタイトルだったりするんですが(笑)、中毒性が高い。そのアルバムタイトルトラックとなっている"Strawberry Lemonade"はカッコイイジャジースタイル。とにかく聴いていて気持ちが良い。この人の声質自体、ソフトで心地よいですから、"Willing"などのゆったりバラード系になるとホントにじっくり彼の良さを味わえるんじゃなかろうかと。ミッドテムポの"Jones In My Bones"なんかもなかなかどうして。体が自然と反応してしまうようなグルーヴ感をたっぷり味わえます。ぜひお気に入りのコレクションに加えてください!

- Official Site
- myspace page
- CD Baby




devon_cover.jpgBMFNレコーズから1/27に発売されたDevon Howardの「About You」。皆さんもう購入して聴いていただけましたでしょうか?まだの方はこちらで試聴していただいて、速攻お買い求めください!笑
絶対良いアルバムですから、買って損はありませんよ。保証します。米盤はすでにリリース済みですが、日本盤は5曲もボーナストラック収録ですからね。お得になってます。オンラインでも購入可でございます。(って、私はいったい何者???笑)

ちなみに、私の個人的なオススメはというと、何と言ってもやっぱりアルバムタイトルとラックの"About You"ですね。ミディアムなバラードに胸キュンですよ。それから、2曲目の"Tell Me Again"や"I Remember"、"Hey Shorty"、"Tonight"なんかも大好きですね。まあとにかく好きな曲は多く、何度繰り返し聴いても全く飽きのこない良質のアルバムです。

実はこのアートワークデザイン、私が担当させていただいております。デザインに関する事は本家ブログで書きましたので、よろしかったらそちらも読んでみてください。デザインの裏話などいかがでしょうか?笑

- Official Site



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。