ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の私はかなりジャズモードになっております。6/27リリースのCDのうち、ジャズ系はノーマークだったんですが、2枚も素敵なCDがリリースされ、みごと私のツボを刺激してくれましたので、ご紹介したいと思います。

George Duke - In a Mellow Tone
georgeduke.jpgこれはとにかく”音”が気持ちいい!いかにもジャズからソウルジャズ、スムースジャズなどいろいろありますが、彼の持つ音の流れが耳に心地よくて、かなりハマってしまいました。私の中でのハイライトは”Sweet Baby"です。最初の1ラウンドで、この曲だけ何度もリピートしてしまったほど。その美しいメロディーとリリックに泣きそうになりました。私としてはこの曲、「口説き」に使えると思います。というか、実際私、大好きなある”彼”へのメッセージとして送りました~~~。(おいおい。でもマジです)みなさまもぜひどうぞ♪

- Official site



Wayman Tisdale - Way Up!
wayman.jpgこれまた味わい深い。元NBAプレーヤー、ウェイマンの6枚目くらいのアルバムですかね。ジャズとは言えども、ジャズスタンダードっぽかったり、ソウルだ!と思うところもあり。山場はやっぱりERIC BENETがフィーチャーされた"Sweet Dreams" (これまた"Sweet"がタイトルについとる!)。さらに、このアルバムでも先に紹介したGeorge Dukeがフィーチャーされてます(8曲目"Tell It Like It Tis")。
どの曲においても、なんだか気持ちがすっきりするような、明るいポジティブな気分になれる、そんなアルバムかと思います。

- Official site
- Myspace page


おまけにインディージャズも紹介してしまいましょうか。

Michael Burton - Sojourn
Wayman Tisdaleこの人はサックス奏者なんですけど、このアルバムでは自分をフィーチャーしてますね。元々はどうやらいろんなアーティストのバンドメンバーとしてプレイしていたようです。そのアーティストとは、例えば・・・New Edition, the UniverSoul Circus, PJ Morton, Willie Claytonなどで、さらに大御所の名を挙げると、Prince, Patti Labelle, Chaka Khanなどのバックでプレイしていたとのこと。その彼の音楽というのも、これまた聴いていて気持ちのよいものでして、ハマってしまうとかなりリピートせざるを得ない状況になってしまうかも。最後から2曲目の”Apology"という曲はちょっとメロウな雰囲気を持っていて、ある物語が想像できそうな1曲です。実はこれ、「この曲に関して何か重要なストーリーがあるの?」と本人に聞いてみたんですが、「そのうち教えてあげるよ」と濁されてしまい、本当のところはまだ判明していません。うーん、気になる・・・。というわけで、これまたメジャー級の癒しの1枚、いかがでしょうか?

- Myspace Page
- CD Baby


スポンサーサイト

whispers.jpg出ました、出ましたよ~。Whispersの新譜です!
およそ1年前くらいに彼らのコンサートに行ったとき、「もうすぐレコーディングが終了する」なんて言っていたのに、それから1年もかかっちゃいましたね。それでも待った甲斐があった!発売直後に即買いしましたが、それはもうTwo Thumbs Upのすばらしい出来。全体的に大人~な雰囲気モリモリです。リードヴォーカル、スコティーの艶のある歌声はもちろんのこと、ウィスパーズならではのコーラスワークは、美し過ぎて涙が出ます。超気持ちイイ♪ とにかくみごととしか言いようがないですね。
=====
追記:2/22に早速"BUTTA"がラジオKBLXでオンエアされてました!!うーん、良い感じ♪
=====

[Read More]

music_javier.jpgJavierというアーティスト。実は私、去年の11月頃初めて知ったんです。遅っ。彼は2003年にデビューアルバム「Javier」をリリースした当時、日本で話題になっていたそうで・・・。いやいや、全然知りませんでした、ワタクシ・・・。

この人を知るきっかけとなったのは、iTuneにてニューシングル"Indecent Proposal (Radio Version)"が売られていたからなんですね。ページトップに彼の写真が大々的に掲載されていたので知る事となったんですが、ここで試聴したらかなり良くて、さらに前アルバムもチェックし、即購入に繋がったわけです。

[Read More]

本日1/31発売のHeather HeadleyIn My Mind」やThe Temptations「Reflections」が良いのは予想の範囲内であり、ここで敢えて書く必要もなくオススメ品であるので詳細は書きません。それよりも意外なところで良い音楽があることにびっくりしたので紹介したいと思います。

bocelli.jpgイタリアの盲目歌手Andrea Bocelliの「Amore」というアルバムです。実は私は彼の前アルバムも持っていたりして、案外こういうのも好きだったりするんですが、新譜が今日発売されるのも知ってました。ただ発売されるということだけでしたけどね。で、テンプスなどの新譜を買いにいったとき、ふとこのアルバムを手にとってみると、なんと、バックカバーにはChristina AguileraやStevie Wonder、そしてKenny Gの名前があるじゃないですか。びっくらこきましたよ。一瞬迷いましたが、値段も値段だったし、何と言ってもChristina Aguileraとのデュエットがどんなものなのか非常に気になったので買ってしまったのです。

それがですね、ものすごく良いんですよ。

[Read More]

neyo.jpg待ってました!VibeであのNe-Yoの"So Sick"のフル試聴が出来ます!!こちらです。(あれ?他でもフル試聴出来るのかな?)
いやいや、ホントにこの曲大好きです!1度聴いたら止まりませんよ。アルバムリリースが待ち遠しい・・・。

ほかにもこちらで試聴が出来たり、こちらではビデオも見れます。


- "So Sick" Video
- "Stay" Video


pa.jpgPA IS BACK!!って感じですかね。いやいや、またしても良いアルバムに出逢えました。
正直、私、侮っていたんですよね、このアルバム。「あ、出るの?じゃ買おうかしら」みたいに。しかもこのジャケでしょ・・・(爆)。でもね、聴けば聴くほどハマってしまう中毒性の高いアルバムと言えますね。

彼らのオフィシャルサイトでも書かれていましたが、1枚目のアルバム「All Work, No Play」でPublic Announcement=バラードと知られるようになり、セカンドアルバム「Don't Hold Back」で冒険はしたものの、やっぱり彼らはバラードなんだと。だから1stアルバム、基本にに戻ったんだ・・・ということで、今回の3rdアルバムもバラードが多いです。もちろんアップテンポの曲もありますが、全てにおいて度肝を抜かれた思い。とにかく彼らの行くべきところに行ってる感があるんじゃないでしょうか。

[Read More]


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。