ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の私はかなりジャズモードになっております。6/27リリースのCDのうち、ジャズ系はノーマークだったんですが、2枚も素敵なCDがリリースされ、みごと私のツボを刺激してくれましたので、ご紹介したいと思います。

George Duke - In a Mellow Tone
georgeduke.jpgこれはとにかく”音”が気持ちいい!いかにもジャズからソウルジャズ、スムースジャズなどいろいろありますが、彼の持つ音の流れが耳に心地よくて、かなりハマってしまいました。私の中でのハイライトは”Sweet Baby"です。最初の1ラウンドで、この曲だけ何度もリピートしてしまったほど。その美しいメロディーとリリックに泣きそうになりました。私としてはこの曲、「口説き」に使えると思います。というか、実際私、大好きなある”彼”へのメッセージとして送りました~~~。(おいおい。でもマジです)みなさまもぜひどうぞ♪

- Official site



Wayman Tisdale - Way Up!
wayman.jpgこれまた味わい深い。元NBAプレーヤー、ウェイマンの6枚目くらいのアルバムですかね。ジャズとは言えども、ジャズスタンダードっぽかったり、ソウルだ!と思うところもあり。山場はやっぱりERIC BENETがフィーチャーされた"Sweet Dreams" (これまた"Sweet"がタイトルについとる!)。さらに、このアルバムでも先に紹介したGeorge Dukeがフィーチャーされてます(8曲目"Tell It Like It Tis")。
どの曲においても、なんだか気持ちがすっきりするような、明るいポジティブな気分になれる、そんなアルバムかと思います。

- Official site
- Myspace page


おまけにインディージャズも紹介してしまいましょうか。

Michael Burton - Sojourn
Wayman Tisdaleこの人はサックス奏者なんですけど、このアルバムでは自分をフィーチャーしてますね。元々はどうやらいろんなアーティストのバンドメンバーとしてプレイしていたようです。そのアーティストとは、例えば・・・New Edition, the UniverSoul Circus, PJ Morton, Willie Claytonなどで、さらに大御所の名を挙げると、Prince, Patti Labelle, Chaka Khanなどのバックでプレイしていたとのこと。その彼の音楽というのも、これまた聴いていて気持ちのよいものでして、ハマってしまうとかなりリピートせざるを得ない状況になってしまうかも。最後から2曲目の”Apology"という曲はちょっとメロウな雰囲気を持っていて、ある物語が想像できそうな1曲です。実はこれ、「この曲に関して何か重要なストーリーがあるの?」と本人に聞いてみたんですが、「そのうち教えてあげるよ」と濁されてしまい、本当のところはまだ判明していません。うーん、気になる・・・。というわけで、これまたメジャー級の癒しの1枚、いかがでしょうか?

- Myspace Page
- CD Baby


スポンサーサイト

171.jpgはい。いよいよ本日BMFNレコーズからリリースでございます。今回もアートワーク担当させていただきました~。ありがとうございます。アートワークに関してはこちらでちょこっと書いているので参照のほど。

トラックの内容としても、かなり良いものだと思いますので、ぜひともお買い上げのほどよろしく!ちょっと苦労してしまったアートワークの方も、楽しんでいただけたら幸いです。

ちなみに、私のオススメトラックは、アルバムタイトルトラック「Total Shock」や「Teddybear」ですね。この「Teddybear」はたまらなくエロイ!!笑 それがまたかな~り良かったりするですけどね。大好きです。

ということで、今日はちょっと短めに・・・。これからTAKE 6のライブに行って参ります・・・。ではまた。

P.S.
そういえば、D'ANGELOの「How Does It Feel」はたまらんですぞ。聴いたことのない人、ぜひ試聴のほど!


最近になって「Acoustic Soul」というジャンルがあることを知りました。
正確に”ジャンル”というのか分かりませんが、いわゆるR&BとかSoulとか、そういったものと同じ扱いで使う言葉だと思いますが、さてそれは一体どういうものなのか・・・?
私の思うに、簡単に言ってしまえば、「ギター1本の伴奏でソウルを歌う」みたいなもんでしょうかね。アコースティック+ソウルミュージック・・・ってそのまんまですけどね。笑
とにかく、私はこういう音楽も好きなんだということを発見した訳です。

そこで、今回はこのジャンルにふさわしいアルバム2枚をご紹介。

KUKU - Unexpected Pleasures
kuku.jpgLagos Nigeriaで育ったKUKUは現在DCを中心に活動中。その音楽はFolk, Jazz, Soulと、そしてAfrican Musicを織り交ぜた”癒し系”ミュージック。彼の持つ独特なすばらしい声は、もうそれだけで癒し。そこにスウィートメロディーが重なったとき、最大限に彼の魅力を発揮するのではないでしょうか。シンプルな伴奏の上にソウルフルな歌声がまたたまらない!1曲目のアルバムタイトルトラック"Unexpected Pleasures"は涙ものです。そして、沖縄民謡を思い起こさせるアフリカンミュージックをフィーチャーした3曲目の"Ife"は独特な雰囲気で思わず聴き入ってしまうかも。実は私、あんまりアフリカンミュージックって好きじゃないんですが、この人のは聴ける!
というわけで、残りのトラックもなかなかどうして、耳に残るすばらしい曲揃いなので、ぜひ聴いてみてほしいです!ちなみに個人的オススメトラックは"After and Then"と"I Love I Adore"です。

書き忘れていたので付け足します。KUKUはウェブデザイナーでもありまして、自分のオフィシャルサイトやマイスペースのデザインは自分でやってます。プラス、この前こちらで紹介した、SolEdlerとは仲の良いお友達で、彼のオフィシャルサイトもKUKUが手がけています。何とも多才・・・。

- Official site
- Myspace page
- CD Baby




HutchSimonProject - Out of the Shadow
hutchsimon.jpgこれはかなり来てます。アコースティックなのにソウル意外の何物でもない!すばらしいの一言!
これはヴォーカルのRichard "Hutch" HutchinsとギターのScott Simonのデュオ。スコットのギターテクニックもさることながら、ヴォーカルハッチのソウルフルな歌声は正しく鳥肌もの。それは1曲目の"Intro"ですぐに分かります。このアルバムはライブ盤なんですが、ライブの様子がガンガン伝わって、何かこうだまって聴いていられない、ついつい拍手したくなるような、そんなアルバムだと思います。これを聴いていると、「この人達のライブを体感したい!!」って思ってしまいますね。先に紹介したKUKU同様、シンプルな伴奏にソウルな歌声なので、とにかく歌のうまさが際立ちます。途中「ハッチ、すげえ!」って言いたくなるのは必須・・・。
個人的に大好きなのは2曲目の"Freedom Within"、3曲目"Black Widow Woman"、5曲目"I Got No Time"、9曲目"A Sac Full Of Dreams"、12曲目のヒップホプした"Surrender To Love"などかな。とにかく全部好きですけどね。

- Official site
- Myspace page
- CD Baby



というわけで、今回はシンプルでありながらソウル溢れるすばらしいアルバムをご紹介しました。
蛇足ですが、明日6/23はIndia. Arieのライブ行ってきます。プラス、初めてのAnthony Davidなので、楽しみぃ!!!


またしても間が空いてしまいましたね。
何ですかね、いろんなことが水面下で動き回ってるんですよ。しかも結構なスピードで・・。おかげで私も表に出てくることが出来ませんでした。
本当は1週間前に書きたかったこのネタも、ちょっとタイミングを外した感じもしますが、ちょっとだけ自慢したかったので書きます。笑
あ、今日デザインテンプレート変更しました~~~。

====================
実はですね、マイスペース内で(またマイスペースの話題ですみません)、「Featured Friends」なんてものをやっているアーティストがいまして、なんと私、その人にフィーチャーされたんです!!!これは、そのアーティストの数いるお友達の中から、彼のことをたくさん応援してくれてる人やお気に入りのお友達を自分のトップページで紹介するっていうやつなんですけど・・・。

ここで、マイスペースにおける"FRIEND"についてご存じない方にちょっとだけ説明します。
かなり前にマイスペースがどんなものか書いているので、もし「マイスペースって何?」という人がいたらこちらを読んでくださいませ。

前述した通り、マイスペースの自分のページにて、自分の友達の中から8人ないしは、カスタマイズすることによってそれ20人くらいまでおけることになっています。これはmixiでいうところの「マイミクシー一覧」という9人と一緒の扱いですが(mixiやってない人、ごめんなさいね)、mixiでは自動的にランダムで表示が切り替わるのに対し、マイスペースでは自分でチョイスして自分のお気に入りの友達をトップにおくことが出来ます。それ以外の友達は「リストを見る」のリンクで別ページが表示され、1ページにつき40人の友達を次ページをたどりながら見ることになります。よって、何百人、何千人と友達がいる人は大変なんですよ。(笑)

大抵の人はこのトップページにおく友達の”トップリスト”(TOP 8と呼ばれていたりします)を思いついたときに変更したり、ずっとそのままだったりなんですが、アーティストによっては、このトップにおく友達を毎週金曜日にローテーションさせている人もいます。それをしている人の中に、先日紹介したRob Muratもいて、実は私、先週(6/9)の「Featured Friend」に選んでいただきました!!彼はこれを「FEATURED FRIEND FRIDAY」と呼んでいるようですが、TOP8をローテーションさせると同時に、その中のいわゆるナンバーワンをマイスペース内のブログで取り上げて紹介してくれるんです。

実はですね、前日の木曜の午後あたりに彼から直々にメッセージがきまして、「もし興味があったらFEATURED FRIENDでとりあげたいんだけど、ちょっとした紹介文書いてくれる?」なんて言われまして、そりゃあもう興味あるに決まってらーってことで、1時間ちょうだいと言って英作文しましたよ。(笑)書きたいことはいろいろあるのに、思ったように文章がまとまらなくて、おまけに文法とか気にしちゃったりで、結局2時間くらいかかってしまいました。その当時で彼は7,150ほど友達がいましたから(ちなみに現段階で7,890ほど)、そのすべての人に読まれるとは思わないけど、かなりの人が私の文章を読むと思ったら、そりゃ緊張しますよね、やっぱり。全く持ってお恥ずかしい・・・。しかも、その紹介されるページの中で、「日本代表」てな感じですからね。日本人としてきっちり仕事しないと・・・と思いました。(笑)ちなみに、書き上げた紹介文を彼に送るとき「おかしな表現があったら直してね」と言ってあったんですが、掲載された後に読んでみたら、2カ所ほど直されてました。あははは

これ、実は1週間でまた次のローテーションになるのかなと思ってたんですが、1週間経った今日、金曜日ではあるものの、今だに私、トップリストに入ってます。なんでかしら???(笑)
まぁ、とにかくうれしゅうございました。こんな風にされるとちょっと気持ちがいいもんです。

トップリストの話ついでにもう1つ自慢させてください。
実は私、自分の知り得る限りで、なんと、17人のアーティスト/お友達が私をトップリストにおいてくれているんですね~。Rob Muratも入れたら18人。誤解しないでくださいよ。当然彼らに対して頼み込んだり、媚を売ったりなんてしてませんから。(笑)トップリストなんてそういうものではないはずですし、そこまでしてトップリストに入りたいなんて思いません。

ま、それぞれの持つ友達の人数もまちまちですが、最高人数はやはりRobの約7,890人、次がこれまた先日ウェブプロジェクトで絡んだM.D. Westの5,181人。ただ、最近彼は全くログインしていないので、友達は増えていませんね。

何はともあれ、ありがたいことです、本当に。ただの音楽好きのおねーちゃんを彼らの貴重なスペースにおいてくれる訳ですから。(ありがとう、Kanaさん、Di-chy!)
これからもそれなりに友達作り、ネットワーキングしていこうと思います。そしてデザインのお仕事も多くゲットできるようにバリバリやっていこうと思っております。

P.S.
BLACKMUSICFAN.NETの方も少しずつ変化がありますので、ぜひご覧くださいね♪
特に、コメントがつけられるようになったので、ぜひサインナップしてコメントしてください!


5月6月とメジャーものの気になるCDが少ないので、インディーCDをたっぷり楽しんでおります。そんな中、最近私が良く聴いているものをご紹介。ただ、ちょっと古いかも・・・。

まずはアトランタでブイブイ言わせているゴスペルアーティストChristopher Lewisのアルバム3連発。

Honest Heart (2004)
Honest Heartゴスペルアルバムではあるものの、いわゆるクワイヤでワイワイ歌うゴスペルとは全く違って、スムースR&B感覚のしっとりまったりした「癒し系」アルバム。もしかしたら「まったりし過ぎてイヤ!」という人もいるかもしれないけれど、私はかなり好きですね。心温まります。何と言ってもクリスの声にまずやられてしまいましたから。耳に、心にとっても優しい歌声です。そんなアルバムの中には、アフリカン音楽だったり、ボサノバなどの要素を取り入れた曲調もあり、ソングライターとしての才能も発揮していると思います。癒されたい人にはオススメの1枚。


Christpher Lewis presents Rhythm & Praise (2003)
Christpher Lewis Presents Rhythm & Praiseこちらは思いっきりゴスペルアルバムです。クワイヤバリバリの束になってワー!というやつです。タイトルに「Christpher Lewis Presents」とあるように、彼が中心となって他のアーティストをフィーチャーしているものもあります。これまた激しくジーザス、ジーザスと歌っておりますよ。パワフルものからしっとりものまでいろいろ楽しめるアルバムだと思います。


Life (2002)
Life最後に紹介するのはクリスの最初のアルバムプロジェクトです。これは案外”黒い”R&B/ゴスペルアルバムという感じですね。ラップなんかも取り入れたり、クリスのダークサイドが現れた様な、一聴ではゴスペルアルバムとは思えない雰囲気すらあります。彼の3枚のアルバムではこれが一番私は好きですね。とにかく彼の才能の幅広さに敬服です。かなりハマっております。

=====
以上ここで紹介したアルバム以外に、新しい曲がmyspace pageで聴けるので、興味のある方は是非♪ ジャジーな曲のものもあってこれまたびっくり!
それともう1つ。「Plugged In」というDVDも発売していますが、これはなんとBETでもオンエアされたとか何とか。これまたびっくり仰天!
plugged.jpg

- Official Site
- myspace page




では続けて紹介するのはDivine Natureという3人グループ。
The Fullness of Joy
divinenature.jpg見た目からして、Smooth R&B系なのかな~と思いきや、実はHip Hop系やかなり“黒い”感じのR&Bだったりして驚きました。このアルバムの前半は割とヒップホップ系ではあるものの、後半はスムーズなR&Bで尚かつ美メロで感動させる曲調もあり。さらには、New Editionの「Can You Stand The Rain」のカバーもあったりでかなりイケてます。彼らなりのグルーヴ感とか、美しいコーラスなども聴き所なのではないかなと。

- myspace page




はい、もういっちょ。
今更~~と言う人もいるかもしれない。それでもイイ。紹介しましょう。Souliveです。
Breat Out
かなり良いですね、これ。Jazz, Funk, Soul・・・いろんなジャンルが混ざった音楽で、とにかくノリが良い!音楽としてカッコイイ!基本的にバンドグループですが、Chaka Khanをフィーチャーしたりその他いろんなヴォーカリストとコラボしている模様。ファンキー加減がサイコーですね。元気になれます。

- Official Site
- myspace page




では最後にソロR&BアーティストRob Muratをご紹介。
Rob Murat EP
robmurat.jpgEPなので、曲数は5曲プラス1と少ない上、CDパッケージが安っぽいのが気になりますが、内容としてはかなりハイクオリティー。まずは彼の声が好きですね。そして体が自然と反応するグルーヴ感。結構好きです。それとですね、個人的に彼のファッションセンスが好きなんです。プーマ好き・・・。笑
今後のフルアルバム発売が期待されます。

- Official Site
- Myspace page




※ それはそうと、Ryan Tobyは7/18に新譜リリースだそうで。(Myspace page)


少ない!



@6/20 ----------------------

donelljones.jpgDonell Jones
Journey of a Gemini
Official Site


smokey.jpgSmokey Robinson
Timeless Love




@6/27 ---------------

indiaarie.jpgIndia.Arie
Testimony, Vol. 1: Life and Relationships
Official Site
Myspace page


brandnew.jpgThe Brand New Heavies
Get Used to It
Official Site



実は6/13にFrankie Jの「Un Nuevo Dia」というアルバムがリリースされるんですが、これはどうやらスパニッシュアルバム、つまり、スペイン語で歌われた曲が挿入されているとのこと。かなりきになるけど、やっぱりスパニッシュは分からんから買えない・・・。
まだほかにも新譜あるのかしら・・・。もっとちゃんと調べたいところだけど、調べてほしくなったら困るので、ここまでにしておきます。笑

それはそうと、マイスペースについての嬉し・悲し出来事が・・・

[Read More]


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。