FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


jamiefoxx.jpg
去年発売されたセカンドアルバム「Unpredictable」のセールスが絶好調のJamie Foxx。訳あって、私はDual CDとオーディオCDの2つを買ってしまったので、そのセールスに貢献している1人でもあります。

それにしても昨年のオスカーを獲得した辺りからものすごい勢いだな~と思うし、脂ギトギト、ノリにのってる感じがします。かっこいいですよね~。
そんなJamieですが、その昔「The Jamie Foxx Show(TV-Series 1996-2001)」なんてものもやってたんですよね。最近割とこの番組をBETで見たりするんですけど、とにかくコメディアン丸出しで若いわけですよ。今のJamieと関連付け難い部分もあったりすることもありますが・・。
今日たまたま見たときには、Gerald Levertがゲスト出演していて、もう1人の女性のゲストと共にJamieのピアノ弾き語りで歌っていたんですよね。いや~、ちょっと見入ってしまいました。歌っている時はやっぱりコメディアンではなくシンガー、というか、アーティストの顔。すばらしかったです。
ホントにね、こんな時代があったからこそ今の彼がいるんだなと思いました。

さて、Rolling Stoneに面白いインタビューがあったので、その中から少しだけピックアップしてみました。

Q: 女性の前でセレナーデを歌った事ありますか?
Jamie: あるよ。何人かにやったことあるけど、うまくいったものいかなかったものがある。
Q: ではそのうち上手くいかなかったエピソードを詳しく教えてもらえますか?
J: そのとき僕はカレッジ学生で、彼女の顔のそばで”James Ingramの"She Loves Me"を歌ったんだけど、彼女は「すてきね。オッケー、じゃ」とうまくいかなかったんだよ。だけど僕はホットだった。今で駆り立てられる人がいたやるだろうね。ハル・ベリーやマライアなんかにもやってみようかな。

だそうですよ。Jamieはハル・ベリーとか好きなのかな・・・。笑

もう1つ。
Q: もしもJamieをバックアップするバンドを作るとしたら、誰に参加してもらいたい?
J: ワオ!それはおもしろいな。まずドラムにSheila E、キーボードにはHerbie Hancock 、バックコーラスにはEarth, Wind and Fireで、ギターにはPrince and Slash。Randy Jacksonがパーカッション、ベースにWayman Tisdale、そしてKenny GがサックスでトランペットにはBranford MarsalisとWynton Marsalisがいいね。

・・・ふむふむ、興味深いです。

最後に、1/25にNBCにてJamieのミュージックショーケースのオンエアがあります。ゲストにはMary J. Blige, Stevie Wonder, The Game and Snoop Doggなんかが参加してます。アメリカ在住の方、お見逃しなく!

Source / Rolling Stone

スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。