FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


whispers.jpg出ました、出ましたよ~。Whispersの新譜です!
およそ1年前くらいに彼らのコンサートに行ったとき、「もうすぐレコーディングが終了する」なんて言っていたのに、それから1年もかかっちゃいましたね。それでも待った甲斐があった!発売直後に即買いしましたが、それはもうTwo Thumbs Upのすばらしい出来。全体的に大人~な雰囲気モリモリです。リードヴォーカル、スコティーの艶のある歌声はもちろんのこと、ウィスパーズならではのコーラスワークは、美し過ぎて涙が出ます。超気持ちイイ♪ とにかくみごととしか言いようがないですね。
=====
追記:2/22に早速"BUTTA"がラジオKBLXでオンエアされてました!!うーん、良い感じ♪
=====

今回はインディーズとしてのリリースとなる様ですが、ネームバリューも人気もそこそこにある人達だから、それなりの枚数出しているんじゃなかろうか。CD Babyでもどんどこリビューが書かれてますしね。

このアルバムですが、ブックレットのクレジットを見ると、どうやらほぼ自分たちのプロデュースといった感じで、主にニコラス(髭もじゃの人ね)が中心となっている様です。ただ、2曲目"Don't Say No"と3曲目"Butta"のプロデュースとヴォーカルアレンジにTeena Marieの名前が入っているのには少々驚きました。それと、9曲目"Can I Get Next To You"の暮れジッドに「Ollie Woodson」と入っているんですが、これってもしかしてあのAli Ollie Woodsonのことなのかな?ちょいと定かではないです・・・。

楽曲はと言うと、Soul、R&Bをベースとしながらも、ジャズ・スタンダード、又はポップ的な要素を含む曲のものもあり、さらにはクワイヤを交えたゴスペル調のものもあったりして、私としてはアレンジも◎だと思います。一聴だけですともしかしたら「似た様な曲ばっかりじゃん」と思われてしまうかもしれませんが、ところがどっこい、聴き込むとこれまたハマりにハマって各曲の良さが分かりますよ。

さて、ここで私のお気に入りを感想と共に書きますと・・・
01) Get It On 
このタイトルにして歌の中にMavin Gayeなんて名前を出してきちゃったりするところがなんともニクい。そして「Front back side to side~」なんていうフレーズが飛び出したりしてステッパーズ調が今どきっぽい(?)

02) Don't Say No 
イントロのサックスやピアノの音色にうっとりするほど、曲の美しさだけでオールオーケー♪ ヴォーカルなしのインストゥルメンタルとしても気持ち良さそうな楽曲ですね。Teena Marieがプロデュースに参加してます。

03) Butta 
Teena Marieが楽曲作成とヴォーカルアレンジに参加している、一風変わったミディアムスロー。リードヴォーカルとコーラスのが絶妙にマッチしてます。こういう曲調大好き♪

04) Love Won't Let Me Wait 
どっかで聴いたことあると思ったら、Major Harrisのカバーでしたね。元々この曲は大好きな曲ですが、ダンサブルなアレンジもまたヨシ。

06) Hold On 
ほんのりジャジーなアレンジが好きだわ~。控えめなコーラスもまたグッド。

07) Livin' It Up 
「Livin'v It Up」というメロディー&フレーズが耳に残る気持ちの良い1曲。後半から終わりにかけてのサックスが何とも懐かしい雰囲気を醸し出してます。

09) Can I Get Next To You 
何だろうな、どこがいいかと言われても一言で言えないんですが、何となく惹かれる曲です。

10) Diamonds 
ちょいアップテムポでポップなノリの中にユニゾンーコーラスの繰り返しが何とも絶妙なで大好きですね。自然と体が右に左にとリズムをとってしまうような心地良い1曲。

11) It's You 
スローバラードのこの曲は、のっけからスコティーのファルセットがたまらん!こんなのをヘッドフォンで聴いたら溶けてしまうこと間違いなしだわ。

12) For Your Ears Only 
タイトルトラックにもなっていますが、もしかしたら私のナンバーワントラックかもしれない。ミディアムテンポにのせた"For your ears only~~”というコーラスが何とも気持ちよいこと。途中、(上手く説明出来ないけど)気になるメロディーが頭から離れないんだよな・・・(聴けば分かります)。

13) I Sing This Song For You 
スコティーとウォルターの兄弟で交互にリードをとっているんですが、同じ声質だと思っていた2人の声が微妙に違うことに気づかされます。やっぱりスコティーの声質の方が張りがある感じがしますね。この曲の最後にはクワイヤが加わって豪華な仕上がり。

14) The Whispes Love Your Too 
これはスローテンポで、コーラスが厚い。美しい。最後がアカペラで終わるのが気に入った!きっとこの曲はファンに向けての1曲なんだろうな~と勝手に思ってみたり・・・。

お気に入りの曲とか言いながらほぼ全曲に近いくらいになってしまいましたが、ホントに良いんですよ。というかね、ウィスパーズが新譜を出すっていう、それだけでもう良いんです。無条件に満足なんです、私は。(笑)

気になるのは、ブックレット、バックカバーに記載されている曲タイトルと、CDデータに記載されている曲タイトルが違うこと。これってやっぱりインディーズならでわという気がする。ツメが甘いんだよな~。笑

ともかく、オールドスクールの雰囲気を残しつつ、新しいアレンジでウィスパーズらしさを決して失っていないこのアルバム。私の中では現在、2006年のインディーズアルバムの頂点に立ってます♪

- Official Site
- CD Baby
- Soul Tracks Whispers page
- ここでも試聴可
- ディスクユニオンにて予約受付中
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。