ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の私はかなりジャズモードになっております。6/27リリースのCDのうち、ジャズ系はノーマークだったんですが、2枚も素敵なCDがリリースされ、みごと私のツボを刺激してくれましたので、ご紹介したいと思います。

George Duke - In a Mellow Tone
georgeduke.jpgこれはとにかく”音”が気持ちいい!いかにもジャズからソウルジャズ、スムースジャズなどいろいろありますが、彼の持つ音の流れが耳に心地よくて、かなりハマってしまいました。私の中でのハイライトは”Sweet Baby"です。最初の1ラウンドで、この曲だけ何度もリピートしてしまったほど。その美しいメロディーとリリックに泣きそうになりました。私としてはこの曲、「口説き」に使えると思います。というか、実際私、大好きなある”彼”へのメッセージとして送りました~~~。(おいおい。でもマジです)みなさまもぜひどうぞ♪

- Official site



Wayman Tisdale - Way Up!
wayman.jpgこれまた味わい深い。元NBAプレーヤー、ウェイマンの6枚目くらいのアルバムですかね。ジャズとは言えども、ジャズスタンダードっぽかったり、ソウルだ!と思うところもあり。山場はやっぱりERIC BENETがフィーチャーされた"Sweet Dreams" (これまた"Sweet"がタイトルについとる!)。さらに、このアルバムでも先に紹介したGeorge Dukeがフィーチャーされてます(8曲目"Tell It Like It Tis")。
どの曲においても、なんだか気持ちがすっきりするような、明るいポジティブな気分になれる、そんなアルバムかと思います。

- Official site
- Myspace page


おまけにインディージャズも紹介してしまいましょうか。

Michael Burton - Sojourn
Wayman Tisdaleこの人はサックス奏者なんですけど、このアルバムでは自分をフィーチャーしてますね。元々はどうやらいろんなアーティストのバンドメンバーとしてプレイしていたようです。そのアーティストとは、例えば・・・New Edition, the UniverSoul Circus, PJ Morton, Willie Claytonなどで、さらに大御所の名を挙げると、Prince, Patti Labelle, Chaka Khanなどのバックでプレイしていたとのこと。その彼の音楽というのも、これまた聴いていて気持ちのよいものでして、ハマってしまうとかなりリピートせざるを得ない状況になってしまうかも。最後から2曲目の”Apology"という曲はちょっとメロウな雰囲気を持っていて、ある物語が想像できそうな1曲です。実はこれ、「この曲に関して何か重要なストーリーがあるの?」と本人に聞いてみたんですが、「そのうち教えてあげるよ」と濁されてしまい、本当のところはまだ判明していません。うーん、気になる・・・。というわけで、これまたメジャー級の癒しの1枚、いかがでしょうか?

- Myspace Page
- CD Baby

スポンサーサイト



Soul to Soulさん

そうでしょ?ノーマークでしょ?
ウェイマンは、ほんっとに気になるジャケデザインよね~。笑
でも思いっきり彼のキャラクター丸出しって感じですごく好きです。中身も充実!
【2006/06/30 10:41】 URL | nasa #Pg6Ch65A[ 編集]
Jazznoの新譜はノーマークでした(汗)
geroge duke気になりますね~ウェイマンは、ジャケット見て気になってたの。。。nasaさん好みが合いますわね~
なのでコレは聴いてみないと!!
【2006/06/30 09:53】 URL | sole #IsJlUJPw[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Turn On The Music, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。